ILM 腰痛メディカルフィットネス

あらゆる原因の腰の痛み・下肢の痛み・しびれに対応
腰痛治療専門医監修のILM腰痛メディカルフィットネス

MENU

ILC国際腰痛クリニック

プログラム詳細

ILMのプログラム

Program

患者様に合った最短1ヶ月からの
個別腰痛特化型リハビリプログラム

当施設では腰痛でお悩みの患者様それぞれにあった腰痛特化型リハビリプログラムを作成のうえ、
当施設の専属トレーナーがマンツーマン形式でトレーニング指導を行います。
トレーニングにつきましては、腰痛治療専用機器を使用し、患者様の身体に負担がかからないトレーニングで進めていきます。
日頃、腰の激しい痛みや鈍痛、坐骨神経痛にお悩みの方は、どうぞ腰痛リハビリプログラム並びに最新の腰痛治療専用機器をご利用ください。

リハビリの内容

Rehabilitation
  • 1

    ヒアリング(MRIの無料画像相談)

  • 2

    動作の確認(起立・歩行)

  • 3

    自主訓練の確認

  • 4

    関節可動域訓練

  • 5

    腰痛リハビリ治療機器を使用したトレーニング

  • 6

    筋力訓練

  • 7

    自主訓練の修正とその練習

  • 8

    腰痛リハビリ維持

腰痛リハビリプログラムの流れ

The Flow of Treatment Program
  • 1

    腰痛相談

    腰痛でお悩みの患者様に対して本施設の受付担当者が内容をお伺いいたします。
    初回からILMでの腰痛特化型リハビリプログラムを受けることが可能ですが、お持ちのMRIの画像データをお送りいただくことで、連携先であるILC国際腰痛クリニックの腰痛専門医による無料腰痛相談を受けることを推奨しています。

    ※ご相談いただきました内容の結果は受付担当からご連絡させていただきます。
    ※画像相談をご希望されない方でも当施設の腰痛リハビリプログラムを受けられます。
  • 2

    腰痛治療(ILC)+
    腰痛メディカルフィットネス

    椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊椎の疾患が腰痛の原因であり、症状の箇所と一致している場合はILCで日帰り腰痛治療を行います。
    また、脊椎の可動域の制限や筋力低下による腰痛の場合は、ILMで腰痛専門医の診断に基づいた個別腰痛特化型リハビリプログラムを作成し、個人の身体の状態に合わせたマッサージやトレーニング指導を行い、腰痛の改善を目指します。

  • 3

    トレーニング(所要時間60分)

    当施設へお越しいただいた際に現在の痛みの症状をお伺いし、患者様の身体機能を評価します。身体評価の結果に加えて、姿勢や歩き方、動きのクセ、筋力、柔軟力などを細かく分析し、マッサージや運動指導を行います。
    腰痛治療機器を使用することで、身体機能の改善を行い、並行して患者様に負担をかけない程度のトレーニングを行います。トレーニング終了時には、自宅でもできる腰痛体操を指導することで腰痛の改善を目指します。

  • 4

    状態の維持

    本施設の腰痛特化型リハビリプログラムを受けることで開始前よりも症状の改善が見込めます。ただし、改善された状態を維持するには、筋力の保持や日常生活の姿勢の改善などは継続して行う必要が出てきます。当施設では継続して腰痛リハビリ維持プログラムを行っていただくことを推奨しています。

腰痛メディカルフィットネスの対象の方

腰への激しい痛みや鈍痛、または坐骨神経痛によるお尻から下の太もも・ふくらはぎ・足の甲・足先への痛みやしびれなどの症状が出ている方が対象です。