ILM公式ブログ

腰痛の種類!?

こんにちは!

堺三国ヶ丘店の福井です。

今回のブログは、腰痛の種類についてです。

 

腰痛の分類とは?

腰痛は大きく分けると2つに分類できます。

特異的腰痛と非特異的腰痛です。

特異的腰痛と言えば、レントゲンやMRI、理学所見(感覚や麻痺などの障害を診ること)で診断がつく腰痛です。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、椎間板変性症などが該当します。

非特異的腰痛とは、レントゲンやMRIと体の痛みや痺れが一致しない(画像や理学所見で診断がつかない)腰痛です。

 

2つの割合なのですが、85%と15%の割合です。

どちらが多い方か予想できますか?

 

 

 

正解は、特異的腰痛が15%、非特異的腰痛が85%です。

正解しましたか?

意外に特異的腰痛は少ないと思われた方もいるのではないでしょうか。

 

ヘルニアだから痺れる?脊柱管狭窄症だから歩けない?

腰痛が辛く、色々な病院で診断を受けると様々な症状名がつくと思います。

「こんなにたくさん症状名がついているから、痺れるし歩けない、、、」

と仰る患者様が多くおられます。

ここで少しお伝えしたいのですが、

神経を圧迫する=痛みや痺れではありません

腰の下の方から出ている神経は細く、独立しています。

なので、ヘルニアが飛び出ていて神経を圧迫することはありません。

症状名がたくさんあるから、もう駄目だと諦めないでください!

 

なぜ痛い、なぜ痺れる?

気になるのはではなぜ痺れるかですよね?

ポイントとなるのは、炎症です。

炎症が起きているかどうかで痛みがあるかないかは分かれます。

「ヘルニアと言われたけど、痛くないよ!」

と言う方は炎症が出ていない方ですね。

 

炎症を緩和するには?

炎症を緩和するには、これだけすれば良いというものではありません。

運動はもちろん食事も大切ですし、腸内環境の改善も必須となります。

それだけ大変な作業ですが、痛みやしびれを改善するためにILMでは全力でサポートさせていただきます。

外来リハビリももちろんですが、大和郡山店で行っている宿泊リハビリですと食事なども実際召し上がっていただけるのでよりイメージはつきやすいと思います。

まずはお気軽にくださご相談くださいね!

 

電話番号:06-6370-0510

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/

新、リハビリプログラム