ILM公式ブログ

腰痛になりにくい動き方

こんにちは!

堺三国ヶ丘店の福井です!

本日のブログは日常生活で腰痛になりにくい動きについて書いていきます。

細かい動作をすべて文字にすることは難しいので、

今回は『椅子からの立ちあがり方』について書きます。

 

正しい立ち方、良くない立ち方の違い

腰痛の方や腰痛になりやすい方の立ち上がり方の共通点があります。

それは、真上方向に立ち上がってしまうことです。

自然に立ち上がれる方は、真上というよりも斜め上方向に立つことが出来ます。

 

本来であれば、立ち上がるときにはそれほど力は必要ではありません。

なぜ力が必要な方とそうでない方がいるのでしょうか。

それは、重心移動が出来ているかどうかが大切です。

先ほどお伝えした、真上方向に立ち上がってしまう方は、重心移動が上手く出来ていないです。

腰が痛く庇おうとするあまり不自然な動きになってしまうことが多いです。

真上に立とうとすると、腰はもちろん膝や足首など様々な所に過度に力が入ってしまいます。

その結果、腰だけでなく

『膝も痛くなってきた、、、』

と言う方もおられるのではないでしょうか。

この動作は腰自体にも悪く、腰に負担をかけないようにしているつもりが、

立つ動作中に腰を反ることになるので、余計に腰に負担が掛かってしまいます。

 

正しい立ち上がり方とは

重心移動が上手く出来れば、力を入れずにスムーズに立ち上がることが出来ます。

そこでポイントとなるのは、股関節です。

股関節を上手く使えないとスムーズに立ち上がれません。

股関節は球関節と言い、肩関節と同様に正常であれば動かせる範囲が広い特徴がある関節です。
(字の通りボールみたいな丸い関節です)

動かせる範囲が広い関節の動きが悪くなり、動かないようになると、、、

他の関節が庇って動こうとし、必要以上に頑張ってしまいます。

腰痛だけでなく、膝痛など他の疾患に対してでもですが股関節の動きが正常かはとても大切です。

トレーニングやストレッチも必要ですが、

『正しい動き方』を知っているかだけでも痛みや動作が変わることがあります。

特に椎間板変性症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の方は

知らず知らずのうちに、腰に負担をかけている動作をされている方が多くおられます。

立ち上がり方など些細なことですが、1日に何度もある動作です。

少しの改善が症状緩和へは大きな一歩になります。

 

ILM腰痛メディカルフィットネスでは、姿勢や動作のチェックを行い

改善のための、トレーニング指導も行っています。

是非1度、お身体のお悩みをご相談ください。

電話番号:06-6370-0510

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/