ILM公式ブログ

腰痛になったときに湯舟に浸かってもよいのか?

こんにちは!新大阪センターの足立です。

今日は、腰痛のときに湯舟に浸かってもよいのか?について解説させていただきます。

腰痛のとき、湯舟に浸かっても大丈夫?

身体を痛めたときは温めたほうがいいと言われたことも、冷やしたほうがいいと言われたこともあるのではないでしょうか?
では、どちらがいいのでしょうか?...現段階では腰痛に対して温めるのと冷やすのとどちらが良いかははっきりしないそうです。

しかし、わかっていることもあります!
明らかな原因のない非特異的な急性(4週間未満)~亜急性(4週間以上~3ヶ月未満)の腰痛に対して、温熱パックなどで温めることは、短期的な痛みの緩和や日常生活の制限の改善に効果があることが分かっています。
つまり、腰痛発症して間もない状態(3ヶ月未満)であれば、腰を温めることで痛みや日常生活上の制限の改善が期待できるかもしれません。

しかし、腰痛の中には、温めない方がいい腰痛もあります。
それは、とくに急性の炎症(ぎっくり腰etc...)を起こしている場合です。
そのような時は、お風呂に入って腰痛が悪化する可能性もあるため、無理してお風呂に入らずに病院や整形外科を受診し、医師の意見を聴くことをオススメします。

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!
詳しくは下記のURLよりご覧ください。
https://ilm-fitness.com/

新、リハビリプログラム