ILM公式ブログ

腰痛におすすめのストレッチ

 こんにちは!

堺三国ヶ丘店の福井です。

本日のブログは腰痛におすすめのストレッチについてです。

 

今回のストレッチは広背筋のストレッチです。

皆さん広背筋と言う筋肉を聞いたことはあるでしょうか?

聞いたことない方でも、字を見れば何となくどこの筋肉か分かりますよね?

そうです、背中にある広い(大きい)筋肉です!(笑)

どれだけ大きいかというと、腕や肩甲骨から背骨や骨盤までつきます。

腰痛の方は、この筋肉が硬くなってることが多いです。

広背筋が硬くなると体にどういった影響があるのかと言うと、、、

 

・猫背

猫背の方は、横から体を見ると、腕の位置が前に出ていることが多いです。

デスクワークの方は特にです。

こうなると広背筋は、腕についている筋肉なので前に常に引っ張られる状態となり

体をまっすぐに支えにくくなります。

・肩こり

上記のような姿勢だと、肩よりも頭が前に出た姿勢となります。

頭も重たさは、体重の1/10ほどあります。

常に頭の重たさを首や肩の筋肉で支えようとするので、肩こりにつながります。

腰痛

猫背になると、背中が丸くなった姿勢となります。

背中が丸くなると、背骨が動きにくくなります。

背骨が動きにくいと、腰骨が必要以上に動きます。

結果、腰痛へとつながります。

元々は腰に問題が無くても、姿勢の異常から腰痛へ繋がります。

 

広背筋をストレッチすることにより、正しい姿勢を保ちやすくなります。

是非、ストレッチをしていきましょう。

では、ストレッチの方法の解説です。

 

・肩の力を抜き、座ります

 

・腕をまっすぐ伸ばして、猫のように「伸び」をします(この時に手のひらは下を向きます)

・背中が伸びてる感じがあればそこで、30秒深呼吸をしてください

・30秒ほどしたら、ゆっくり体を戻します

いかがでしょうか?

痛みの無い、無理の無い範囲で行ってください。

簡単に出来ますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/