ILM公式ブログ

筋肉の衰えについて

こんにちは!
朝晩が涼しくなってきたので、休みの日は朝から自転車に乗り、汗を流している新大阪センターの村山です。

さて、いきなり本題ですが筋肉は何歳から衰え始めるかご存じですか?

答えは下のグラフをご参照ください。

体幹筋肉量 下肢筋肉量全身筋肉量  

体幹および全身筋肉量は男性が45歳頃/女性が50歳頃、下肢筋肉量は男女ともに20歳頃を境目に筋肉量は減少し始めます。

筋肉は身体の重たさ、重力や地面からの反動などの衝撃から身体を守ってくれています。
筋肉が減るということは、これらの衝撃が身体で防ぐことが出来ずに、あらゆる部位にストレスが加わります。
このストレスが加わり続けることで痛みが発生します。
痛みが発生すると、身体をかばうようになり変な身体の使い方をするようになり、本来の使い方を忘れてしまいます。
この状態が続くことで、身体を支えるために必要な筋肉がどんどん弱り、身体に加わるストレスはどんどん増加します。

この負のスパイラルから脱するには、筋肉をつけるしかありません。

マッサージをすると一時的に症状は緩和するが、すぐに戻るという方は非常に多いです。
これは痛みの原因である筋肉がほぐれて一時的に体が動かしやすくなっているだけです。しばらくするとまた負担が身体に加わるので、痛みが再発します。

しかし、このような方は筋力をつければ必ず良くなります。
なぜなら、筋肉が強くなることで、身体に加わる負担を減らすことが出来るので、痛みが出にくい身体になるからです。

このブログではいろいろな運動を紹介しているので、是非参考にしていただき、分からないことなどの質問があればお気軽にお問い合わせください!!

 

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/

☏:06-6370-0510

新、リハビリプログラム