ILM公式ブログ

痛みや痺れの原因とは?

こんにちは!

堺三国ヶ丘店の福井です!

本日のブログは、痛みと痺れの原因についてです。

 

腰痛=神経の圧迫?

みなさん、こんな言葉を聞いたことがありませんか?

『ヘルニアが原因で痺れが出てきた』

「骨が変形して腰が痛くなった」

なんとなくよく聞くフレーズだと思います。

実は、、、この言葉は正しくありません。

ヘルニアにより神経を圧迫しただけでは、症状は出ません。

なぜかと言うと、背中から腰の途中までは太い脊髄神経という神経が走っています。

その神経は腰から足の方に走るにつれて、

馬尾神経という(漢字の通り馬のしっぽのようなふさふさした形状です)

神経へとなります。

もしヘルニアが飛び出したとしても、ふさふさした馬尾神経が上手く避けてくれ、圧迫を回避します。

よって、ヘルニアが飛び出した=痺れる

という事には、繋がりません。

 

では、なぜ痺れるのか?

では、なぜ痺れや痛みが出るのか不思議ですよね?

キーワードとなるのが炎症です。

痛みが出る=炎症が起きていると思ってください。

骨と骨がレントゲン写真でぶつかっていても痛みがない人とある人がおられます。

これは、炎症が起きているか起きていないかの違いとなります。

腰痛治療で大切なのは、炎症をどう取り除くかがポイントとなります。

 

炎症を取り除くには

炎症を取り除くには、前回のブログでもお伝えしたように食事やデトックスが必要となります。

ILM独自の体質改善について、ご興味がある方はぜひお問い合わせください。

電話番号:06-6370-0510

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/