ILM公式ブログ

痛みについて

こんにちは!
堺三国ヶ丘店の福井です!

 

リハビリ中に患者様から
「腰が痛いのに、腰とは違う所をリハビリして痛みが和らぐのが不思議」
といったことを仰って頂くことがよくあります。
痛みが出ている箇所(患部)とその他の部位との関係性について書いていきます。

 

・体の習性
体は硬い筋肉や動かしにくい関節があると
その他の組織でカバーする習性があります。


例えば、胸椎(背骨)の動きが悪いと
腰椎が動きをカバーしようとし
必要以上に動きます。


腰椎は捻る動きに対してはストレスを感じやすいです。
その動きを繰り返すことにより
腰に痛みとして反応が出ます。


ここで、腰が痛いからと
腰のリハビリばかりをしても
改善は見られにくいです。

胸椎の動きにくさを改善することが
先決だと思います。
なので腰ではない箇所のリハビリをし
楽になるという事が出てきます。

 

・症状改善のために
患者様には
腰とは関係が無いと決めつけず
担当セラピストに体の不調を相談してみてください。

「最近、肩こりがあるな〜」
「最近、ふくらはぎが痛いな〜」
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の方で
上記のような症状が出る事があります。


少しのヒントでも
症状改善に繋がることがあります。


全力でサポートさせて頂きますので
お気軽にお問い合わせください。

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!
詳しくは下記のURLよりご覧ください。
https://ilm-fitness.com/