ILM公式ブログ

症例紹介(堺三国ヶ丘店)

40代 女性 

疾患名 腰椎椎間板変性症 腰椎椎間板ヘルニア

症状経過

学生の頃から腰部痛出現

それ以降、年に何度かぎっくり腰が起こる

症状が改善することなく、最近は臀部の痛みや下肢の痺れも出現

立位姿勢で症状増悪

主訴

腰が痛い

目標

少しでも痛みをとりたい

問題点

小殿筋過緊張   背面筋過緊張 

運動指導

小殿筋の過緊張により、骨盤の動きの低下がみられたのでまずはリリースにより筋緊張をとることから

介入しました。

腰椎に対しての不安定性も確認でき、動作の中で腰部に力が入りすぎないように動作訓練を繰り返し行いました。

背面筋の緊張が体幹筋力を上手く動かせない原因の一つとして考え、今後は少しの力で身体を動かせるようなトレーニングにも介入予定です。

堺三国ヶ丘店 福井

新、リハビリプログラム