ILM公式ブログ

症例紹介です!(新大阪センター)

こんにちは!新大阪センターの村山です。

先日、プログラムを終了した利用者のアンケートを紹介させて頂きたいと思います。

今回、利用して頂いたのは、海外からの患者さんです。
ここ半年に疼痛が増悪し、休職を余儀なくされている状態でした。
画像所見を元に、姿勢・体の使い方を評価を行い、トレーニングを行いました。
疼痛に関しては、まだ残存していましたが、体の使い方は修正出来つつあったので、引き続き帰国してからも運動を行うことで、改善すると考えています。
また、初日と比較して、疼痛に関する言動が大幅に減少していたので、良い流れになったと思います。

当施設では、ILC国際腰痛クリニックと提携して、短期集中プログラムを行っております。
2泊3日でILC国際腰痛クリニックからの指示のもと、疼痛の原因となっている姿勢・体の使い方に気づいてもらい、そこを修正する運動を指導します。同時に痛みに関する知識の教育を行っています。
痛みに関しての研究結果は日進月歩で新しくなっています。
より最新のものを提供できるようにスタッフ一同で、研鑽を行っていきます・