ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【東大阪布施店】

60代 男性

疾患名

腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア

症状経過

DST後、腰部痛ほとんど気にならなくなったが、 痺れがきつい

両下肢前後面共に痺れ出現し、特に触・圧覚にて増悪

朝は楽だが、夕方になると増悪

主訴

足が痺れる

目標

痺れの改善

問題点

・体幹筋力の低下

・腰部の不安定性

運動指導 トレーニング

治療前はマラソンを行ったり活動性は高かったが、治療後は恐怖心より、運動を控えている。

先ずは運動への意識改善、散歩など軽い運動から開始するように指導。

四つ這い状態での体幹トレーニングと腹横筋トレーニング(ドローイング)を自宅での自主トレーニングとして追加しました。

4回目を終えて運動への意識改善傾向、大殿筋トレーニング(ヒップアップ)を追加。

まだまだ運動への恐怖心があるので、必要性と楽しさを伝えれるように指導していきます。