ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【東大阪布施店】

60代 男性

疾患名

腰椎椎間板変性症

症状経過

3年ほど前にマグロ釣りから帰ってきた翌日に大腿後面に痛み
1~2年前くらいより同じ場所に痛みと痺れ、歩行障害出現
今年の5月末に右下腿外足部に痛み
座位でここの痛み強まる ズキズキとした痛み
立位でもここに痛み出現、足を浮かすことで緩和
デスクワーク後は右下腿に浮腫
歩行困難は感覚低下・痺れ増悪し、疼痛出現によるもの 
立位保持は10分程度

主訴

右足外側が痛い

目標

症状緩和

問題点

・前脛骨筋の筋力低下
・ 下腿外側部の感覚障害

運動指導 トレーニング

日常生活での姿勢指導、足関節背屈運動、四つ這いでの前鋸筋トレーニングから開始しました。

3回目から歩行が3分程から10分歩けるようになり、姿勢もやや改善されています。

現在6回が終了し、釣りにも行けています。

6~10月はイカ。冬にはヒラマサやマグロを釣りに行くそうです。

痛みを気にせず釣りが楽しめるように、更に改善、強化していきます。

 

東大阪布施支店 店長福田

新、リハビリプログラム