ILM公式ブログ

玄米 part1

こんにちは!
新大阪センターのむらやまです。

今日は玄米について紹介したいと思います。

玄米を食べることによって身体に起きる影響は多岐にわたります。

◎身体に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれている

 体内でエネルギーを作り出すにはビタミンが必要です。
 昔の人が1汁1菜で生活が出来ていたのは、白米ではなく玄米を食べていたからです。
 玄米にはビタミン類が10倍程度多く含まれているので、少ない食事でも昔の人が元気に生活が出来ていたのはこういった理由です。
 言い換えると、食べる量を制御することが出来るのです。

◎血糖値の上昇が緩やか
 お米には炭水化物が含まれているので、摂取すると血糖値が上昇します。
 血糖値の上昇が緩やかか急激かで体内へのストレスは全く異なります。
 血糖値は上昇すると、筋肉や肝臓へ糖を貯蔵してもらうために送り込みます。
 血糖値が急激に上昇をしてしまうと、糖の貯蔵庫である肝臓や筋肉でためることできなくなり、血液中に残ってしまいます。
 糖が血液中にさまようことで、血管壁をもろくしたりなどの悪影響を身体に及ぼしてしまうので、血糖の上昇は緩やかな方が良いのです。
 血糖値の上昇度を表した数値をGI値と呼ばれており、目安の数値が66と言われています。

 白米のGI値は88、玄米のGI値は55と、白米と比較して玄米は血糖値を緩やかに上昇させるので、体内への負担が少なくて済みます
 1日に1食を玄米などの低GI食品を摂取することは身体にとって良い事です。

これらが代表的な玄米の良い作用です。

先日、玄米について興味深い文献を拝見したので、それを次回に紹介したいと思います。

腰痛や他院でヘルニアや脊柱管狭窄症などと診断され悩まれている方、一度当院までご連絡ください。
なにか腰痛のことて聞いてみたいことがあれば、電話などで相談だけでも承ってますので気軽にご連絡ください!
詳しくは下記URLよりご覧ください!
https://ilm-fitness.com/