ILM公式ブログ

椎間板ヘルニアと診断されても諦めてはいけません!

皆さんこんにちは!

東大阪支店の今村です。

本日は椎間板ヘルニアについてお話ししたいと思います。

ヘルニアとは背骨と背骨の間にある椎間板(クッション)に負荷がかかり椎間板の中にある髄核と言われるクションの綿が飛び出してしまい神経に触ることで痛みや痺れを引き起こす状態です。

椎間板に負荷がかかる原因の一つは体の使い方です。

日頃、腰に負担のかかる動作を繰り返していると少しづつ椎間板に傷がついてきます。背骨が歪んでいたらその負荷は何倍にもなります。

長時間座りっぱなし、重いものを持ち上げるとき背中が丸まっている、無理な腹筋背筋トレーニング、、、誰でも思い当たることがヘルニアの原因を作っています。

なので保存療法、手術で良くなっても体の使い方を変えていかないと再発するのです。

 

当院では動き方をレクチャーするだけではなく、筋肉の使い方も変えていきます。

身体の歪みを整える専用機器サティスフォームや医学的根拠に基づいた専門の知識と技術で症状改善を目指いします。

気になることがあればご気軽にILM腰痛メディカルフィットネスまでご連絡ください!