ILM公式ブログ

呼吸と腰痛

こんにちは!

堺三国ケ丘店の福井です。

本日の投稿は呼吸と腰痛についてです。

 

皆さんの普段の呼吸は!?

普段呼吸について意識されている人は少ないと思います。

大体の方が口呼吸になっていると思います。

 

・口呼吸とは、、、口から吸って口から吐く呼吸

・鼻呼吸とは、、、鼻から吸って鼻から吐く呼吸

・交感神経、、、集中している時など活動時に働く神経

・副交感神経、、、リラックスしている時など休息時に働く神経

 

口呼吸がメインになると交感神経が優位になります。

体が休みたいのに休めない状態になります。

身体が硬い方や、力を抜きにくい方に多いですね。

 

一方、鼻呼吸がメインとなると副交感神経が優位となります。

体の緊張が取れ、体にとって無理のない状態の事です。

腰痛患者さんには、口呼吸の方が多いです。

 

舌の位置、どうですか!?

皆さん、ご自身の舌の位置って意識したことありますか?

口を閉じたときに、舌が上あごについた状態が正常な舌の位置です。

口呼吸がメインの方は、舌が上あごに着かずに下に落ちてしまっています。

そうなると首もたるみやすくしわの原因にもなります。

舌の位置が違うだけで、腰痛や美容面にも影響が出てきてしまいます。

 

トレーニング方法

舌を上あごにつけた状態でゆっくりと鼻呼吸を5回繰り返してください。

リラックスを意識して、呼吸をしているときは姿勢が曲がっていないかチェックしてください。

特に、夜寝る前に行っていただくと良いです。

リラックスできて、睡眠の質もアップしますよ。

 

まとめ

最近では、コロナウイルスの影響によりマスクを着用する機会が多いと思います。

どうしても息苦しいので口呼吸になる場合が多いです。

簡単に出来るトレーニングなのでぜひ、試してみてください。

 

電話番号:06-6370-0510

当施設では、腰椎椎間板変性症・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の方を対象にしたプログラムがあります!

トレーニング内容も患者様に最適な方法でご指導いたします。
詳しくは下記のURLよりご覧ください。

https://ilm-fitness.com/