ILM公式ブログ

ブレーシング

ブレーシング法とはお腹に力を入れる動作の一つで、腹直筋や外腹斜筋などの腹直筋群を収縮させるためのトレーニングです。

前回ブログで紹介させていただきました。ドローインは腹筋をへこませた状態を呼吸しながらキープさせるトレーニングでしたが、

ブレーシングは反対にお腹を膨らませた状態をキープさせた状態で呼吸を行うトレーニングになります。

 

トレーニングの流れ

1.仰向けになり、膝を曲げます。

2.両手にお腹を当て、大きく息を吸い、お腹は膨らんだらその状態をキープして、呼吸を行います。

慣れてきましたら、仰向けではなく椅子に座りながらまたは立ちながらでもブレーシングができるかトレーニングを行いましょう。

 

ブレーシングができるようになるとどうなる。

腰部は日常生活の動作で負担がかかることが多いが、ブレーシングがうまくできることでうまく腹圧が入れられるようになったということになりますので、日常生活の動作での腰への負担が軽減され、さらには力が入れやすくなります。今まで前かがみやスクワットをすることで腰への痛みが強く、動作が困難だった方でも痛みが和らぎ、動作ができるようにもなるでしょう。

 

新、リハビリプログラム