ILM公式ブログ

あなたの冷え性のタイプは?

こんにちは!ILM新大阪センターの足立です。
身体の『冷え』は様々な原因が考えられますが、寒くなってきて身体が冷えてきたりすると痛みが増すのと同じように『冷え』は痛みや痺れを強くしかねないです。
現場で患者様を見させていただいてますが、下肢痛や痺れがある方は、足が冷えていることがとても多いです。

今回は冷え性のタイプをチェックしていきましょう!!

タイプ①
□ 基本的に手足が冷たい
□ 足先が冷えてなかなか寝付けない
□ 体温は36.0~36.5度前後
□ 顔色はくすみがちで肌荒れやにきびができやすい
□ どちらかというと痩せている
□ 一度の経血量が多く、生理痛や生理不順がひどい
□ 時々、たちくらみがする
□ 運動をする習慣がない
□ 冷房が苦手
□ 入浴はシャワーだけで済ませることが多い

タイプ②
□ ほてりを感じることが多い
□ 顔や背中から汗が出ることがある
□ 体温は36度前後
□ 喉が渇いたとき、冷たい飲み物を飲みがち
□ 閉経前
□ 上半身に比べて、下半身が細い
□ 時々、たちくらみがする
□ ニキビなどの肌荒れ、目の下のクマが目立つ

タイプ③
□ 下腹部をじかに触ると冷たい
□ 疲れやすく、風邪をひきやすい
□ 冷えの自覚症状はないのに、平熱は35度台
□ 冷房が好きで、冷たい飲み物を好んで飲む
□ 下痢と便秘を繰り返している
□ 膀胱炎になりやすい
□ 過去に過剰なダイエットをしたことがある
□ 入浴時、熱くて湯船に入ってられない

タイプ④
□ 1年中、寒いと感じる
□ 夜中にトイレに行きたくて目が覚め、熟睡できない
□ 疲れやすく、いつも身体がだるい
□ 冷房が苦手で、暑くても冷たい飲み物は飲みたくない
□ 自分が冷え性だと自覚している
□ 顔色が青白く、乾燥肌で髪もパサつきがち
□ 痩せ型で、体力もない
□ 貧血(もしくは、低血圧)、食欲不振で下痢もしやすい
□ 運動は苦手で続かない

→ タイプ①に一番はチェックインが多い人は、末端冷え性タイプ
『指先など末端部分に冷えを感じる。20~30代の女性に多く、体温は高めなので冷えの症状のなかでは最も軽度。湯船につかる、温かい食事を取るなど、冷やさない習慣を心掛けましょう。』

→ タイプ②に一番はチェックインが多い人は、下半身冷え性タイプ
『下半身が冷えているのに、上半身がほてる「冷え・のぼせ」の状態。30代半ば~更年期の女性に多く見られる。原因は主に下半身の筋肉量不足。下半身を冷やさず、意識して体を動かす習慣をつけてください。』

→ タイプ③に一番はチェックインが多い人は、内臓冷え性タイプ
『冷えの自覚症状がないのに、おなかを触ると驚くほど冷たい。内臓に血液が十分に届かず、機能が低下し胃腸のトラブルが多い。まずは食生活の見直しが急務。腹筋を鍛えることも大切です。』

→ タイプ④に一番はチェックインが多い人は、全身冷え性タイプ
『手足も内臓も冷え切っている、最も深刻な冷え症状。通年寒さを感じ、平熱も35度台の低体温。年中腹巻きをする、温める食材を取る、体を動かすなど、冷え対策のフルコースで、長年蓄積した冷え体質の改善をしましょう。』

腰痛や他院でヘルニアや脊柱管狭窄症などと診断され悩まれている方、一度当院までご連絡ください。
なにか腰痛のことて聞いてみたいことがあれば、電話などで相談だけでも承ってますので気軽にご連絡ください(^^)
詳しくは下記URLよりご覧ください!
https://ilm-fitness.com/