ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

60代 女性

疾患名

腰椎椎間板変性症/腰椎椎間板ヘルニア

症状・経過

数年前より腰部に違和感を自覚。
1カ月ほど前より特に誘因なく、左下肢の痺れと左臀部痛出現。同時に、左下肢の持ち上げにくさも出現。
朝起床時に特に症状が増悪し、足の上げにくさも増悪。

主訴

足が挙げにくいから階段が上がりにくい。

問題点

・骨盤の非対称性
・腹横筋の筋力低下
・腰部の柔軟性低下

運動指導

体を前に倒した時に腰椎がほとんど動かずに、股関節での運動が優位になっていました。
動作を阻害している筋肉に対して、自宅でストレッチ1種類とドローインのトレーニング1種類を指導させていただきました。
2回目来院時はまだ体を前に倒す動作は不十分ですが、足の上げにくさは改善傾向で、疼痛も改善傾向でした。
引き続き、トレーニング内容を修正しながら介入を続けていきます。

新、リハビリプログラム