ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

40代 男性

疾患名

腰痛椎間板ヘルニア/腰椎椎間板変性症/腰部脊柱管狭窄症

症状・経過

数年前より腰背部痛を自覚。
重量物を運搬作業が増加し、徐々に腰背部痛増悪し、大腿後面に痺れも出現。
日常生活には支障をきたしていないが、仕事において支障をきたしている状態。

主訴

腰が痛い。最近、膝が痛い。

問題点

・骨盤の非対称性
・スウェイバック姿勢

運動指導

骨盤の非対称性を認め、その影響で股関節が外側を向き、足部も外側に向いていました。
この影響で、歩く際に膝にストレスが生じ、痛みの原因になっていると考えました。
一部の体の異常は隣接する部位にも波及していくので、そこを見極めて修正する必要があります。
今回の患者様も骨盤の非対称性を修正するような運動を指導する事で、即時的に非対称性が改善し、足の向きもほぼ正中を向くようになりました。
効果を持続させるために、自宅での運動を2種類指導させて頂きました。