ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

50代 男性

疾患名

仙腸関節障害

症状経過

以前より腰部から仙腸関節部への疼痛、足の痺れを自覚。
マッサージ、リハビリを受けると症状緩和するも数日経つと症状再燃。
ご自身でもストレッチなど色々試されるが効果が出ず。
以後、徐々に疼痛、しびれ増悪傾向。

主訴

仙腸関節周囲の疼痛

問題点

・腹横筋の低緊張
・腰椎の過前弯
・体幹前屈時の腰椎棘突起部の疼痛

運動指導 トレーニング

腹横筋の低緊張を改善させるために腹部のトレーニングから開始しました。
腹部の筋肉の収縮が認められると、体幹の安定性を出せるようインナーマッスルのトレーニングを行いました。
次に日常生活での動きの中で、腰椎の過前弯が出ないように腹部の力の入れ方、身体の使い方を指導させていただきました。
疼痛、しびれともに症状緩和が認められました。

新、リハビリプログラム