ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

70代女性

疾患名

腰椎すべり症/脊柱管狭窄症

症状経過

一年前著名な誘引なく腰の脱力感が出現。
以後、間欠性跛行出現する。歩行は5分前後で痺れ出現。
DST後改善傾向だが足底の痺れは残存。

問題点

・座位、立位にて右寛骨前傾位
・右多裂筋の筋緊張
・腹横筋の筋力低下

運動指導 トレーニング

ハンドニーにてアライメント改善傾向。
腹横筋の筋力低下が見られる為、EMS治療を施術。
施術後、足底の痺れ軽減、歩行速度改善が見られた。
今後EMS治療を中心に施術を行い改善できるよう続けていきます。

新、リハビリプログラム