ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

50代 男性

疾患名

腰椎椎間板変性症/腰椎椎間板ヘルニア/腰椎すべり症

症状、経過

以前より腰背部痛が持続している状態であり、仙腸関節部にも疼痛がある。
特に中腰姿勢での痛みが強く出る。 痛みが出ると右足にしびれも出現。

主訴

腰部痛

問題点

・腹横筋の低緊張
・動作時の腰椎前傾姿勢

運動指導

まずは腹横筋の収縮の改善から始めました。
体幹の安定性を出し、座位姿勢で背部筋の力が抜けてくると腰部の痛みは改善してきました。
現在は歩行や、日常動作での腰椎の伸展運動が過剰に出ないようにトレーニングしています。
立位時の腹部の筋肉の使い方など、一つ一つの動作を確認しながら、腰に負担がかからない動きを習得できるよう、 引き続きトレーニングを継続していきます。

新、リハビリプログラム