ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

70代 女性

疾患名

変形性腰椎症/側弯症

症状・経過

3~4年前から歩くと腰背部と右股関節前面に鈍痛が出現。
自転車では痛みはないが、歩くと10分ほどで腰部と右股関節前面に痛みが出現し腰に手を当てながら歩行していた。

主訴

歩行時の右鼠径部の痛み

問題点

・腹横筋の筋力低下
・多裂筋の機能不全

運動指導

腹横筋、多裂筋、右の大殿筋のトレーニングを指導させて頂きました。
腰痛リハビリプログラムを重ねる毎に、歩行時間・歩行速度が改善傾向で、痛みも出現するが、以前よりは緩和しているとのことです。
更なる体幹部の姿勢改善を目指し、歩行がスムーズに行えるように介入を続けます。

新、リハビリプログラム