ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

こんにちは。堺三国ヶ丘店の福井です。
本日は症例紹介をさせて頂きます。

50歳代 女性の方です。

疾患名

腰部脊柱管狭窄症/腰椎椎間板変性症

症状経過

5年ほど前に腰部痛出現。
他院で治療するも良くならず、徐々に右脚のしびれが出現。

特に朝が辛く、動き始めが特に痛みが出る。

主訴

動きにくい

目標

痛み、痺れなく日常生活を送る

問題点

・動作時の腰椎過伸展の動き
・股関節の柔軟性低下
・体幹筋力の低下

運動指導 トレーニング

股関節の屈曲可動域制限がみられたのでストレッチから介入しました。

股関節の柔軟性を出しながら、腰椎優位になっていた動作の修正を行いました。

動きの中で股関節を曲げる動きが無かったので、動作修正をすると痛みが減ってきました。

次に、腰を支える体幹筋への介入です。

したことがないトレーニングなので難しいと最初は苦戦されていましたが、要領が分かるとご自宅で行えるようになりました。

その結果、朝に感じていた痛みが少しずつ減ってきたとのことです。

引き続き介入していきます。


上記の症状だけでなく腰痛には腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症、坐骨神経痛など様々な症状があります。

ILMには新大阪センター、東大阪店、堺三国ヶ丘店と店舗がありますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。