ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

60代 男性

疾患名

腰椎椎間板変性症

症状・経過

社会人になった後にゴルフをしている際に腰部痛出現。
それ以降波はあるが、消失することなく継続。
朝に症状がきつく、体が固い感じ。
日中に症状の増悪は認められず。

主訴

朝一の腰の痛みが辛い

問題点

・立位姿勢のアライメント異常
・全身の筋の柔軟性低下
・腹横筋の緊張低下

運動指導

立位での姿勢は、多裂筋の収縮を促すトレーニングを行うと、アライメントの改善がみられました。
サティスフォームを行うと、背腰部の緊張が緩和し座位での腰部痛の緩和がみられました。
これに加えて、腹横筋の収縮を促し動作指導を行うと、日常生活での痛みを感じる回数が減少していきました。