ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

40代 女性

疾患名

腰椎分離すべり症

症状・経過

10代の頃から腰椎伸展時に疼痛出現。
マッサージなどいろいろな治療法を試したがあまり改善が得られず。
DST後は症状改善傾向。
現在の症状は、体幹伸展時に胸腰椎移行部周囲に疼痛の訴えあるも改善傾向。

主訴

体幹伸展時の腰部痛

問題点

・下位腰椎の過伸展 ・最長筋の緊張
・L4腰椎の不安定性

運動指導

背部のアウターマッスルが優位に働き、腰の過伸展の動きに繋がっていました。
腹部と背部を支えるインナーマッスルのトレーニングから取り組みました。 インナーマッスルの筋力がついてくると背部の筋肉の緊張、腰椎の過伸展の動きに改善がみられてきました。
日により身体の動かしやすさに波があるので、その問題を取り除けるようトレーニングを続けていきます。