ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

50代 男性

疾患名

腰椎すべり症

症状・経過

1年前にゴルフをしていた際に腰部痛が出現。
DSTにより寝返りや立ち上がり動作は大きく改善。
現在の症状は、歩行時やトレーニングをしている際に臀部下部から大腿後面に かけての疼痛。
起床時の症状がとくに強くいが、徐々に減弱傾向。

主訴

歩行やまっすぐ立つことが辛い

問題点

・大殿筋の筋力低下 ・立位にて骨盤過前傾により、背部全体の過緊張
・股関節伸展可動域制限
・内腹斜筋の筋力低下

運動指導

著明なスウェイバック肢位でアウターマッスルと比較し腹部のインナーマッスルの筋力低下がみられました。
腹部の筋力強化や使い方など、患者様の状態によってさまざまな運動を指導させて頂きました。
調子がいい時では、疼痛を感じることなくゴルフの大会を終えることができるなど症状は確実に改善傾向に向かっております。
まだ、立位時の痛みが残存しており、日常生活の質の改善には至っていない為、引き続き介入を継続致します。

新、リハビリプログラム