ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

80代 女性

疾患名

腰椎すべり症/腰部脊柱管狭窄症

症状・経過

2~3年前より腰背部痛が出現。
股関節周囲にも疼痛があり、他院にて変形性股関節症と診断。
DST後より歩行時の歩きやすさは改善。
現在の症状は、足底から下肢後面の痺れと下腿後面の疼痛。
日内変動があり午前中は症状が認められないが、午後から症状増悪傾向。

主訴

足の痺れと痛みが辛い

問題点

・前屈動作にて脊柱起立筋の過緊張
・立位にて下位腰椎の前弯が減少傾向であり、その部分で背部全体の過緊張

運動指導

骨盤が前傾しており背部全体の緊張がやや高くなっている状態でした。
又、午後になると症状が増悪することから筋・筋膜性の要素は捨てきれないのと同時に、夢中になると症状が軽減することから心因的な要素も考慮しました。
従って、筋肉の緊張を低下させるエクササイズなど患者様の状態に合わせて指導させていただきました。
患者様の協力もあり、今では一日を通して症状が出ない日もあるとのことで、徐々に改善傾向になっております。