ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

60代 女性

疾患名

腰椎椎間板ヘルニア/腰椎椎間板症

症状・経過

昨年末に重量物の仕分け作業中に徐々にLBP出現。
出現してからは起床時より疼痛が出現し、その後、1日中持続。
現在は長時間の座位にてLBP出現。

主訴

座ると腰が痛い

問題点

・小殿筋の柔軟性低下
・中殿筋の筋力低下
・腹横筋筋力低下

運動指導

初回介入時に股関節の柔軟性の低下・下肢筋力低下・体幹筋力低下を認めました。
それらを個々に判別するために、柔軟性の改善より介入を行いました。
股関節の柔軟性に改善を認めましたが、まだ椅子座位では疼痛が残存していました。
従って、体幹筋力に着目をして自主訓練を指導しました。
症状は改善傾向になっているので、引き続き筋力訓練を中心に介入を行ていきます。