ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

40代 男性

疾患名

腰椎椎間板ヘルニア

症状・経過

20年前にぎっくり腰を発症し、その後年に1度の回数で出現。
職業柄、床からの重量物の搬送が多いとのこと。
現在は前屈動作がしづらく、洗顔動作にも制限が生じている。
仕事中は常にコルセットを装着しているとのこと。

主訴

前屈みが痛い

問題点

・腰椎椎間関節可動性低下
・多裂筋の柔軟性低下

運動指導

初回評価にて著明な立位での前屈動作に制限を認めていました。股関節の柔軟性は問題なく、腰椎の後弯可動性に著明な制限を認めました。
初回介入時に椎間関節の可動域運動を行った結果、前屈動作に改善が見られたので、自主訓練として個々の部分を改善する内容の運動を指導しました。
自主訓練を行って頂き、次回来院時の状態を再評価を行い、今後の方針を決定する予定です。