ILM公式ブログ

【ILM】症例紹介【腰痛リハビリプログラム】

80代 男性

疾患名

腰椎椎間板ヘルニア

症状・経過

数年前に特に誘因なく臀部痛出現し歩行困難となり救急搬送。
以降膝より遠位に疼痛を自覚。服薬は2種類しているも変化なし。
DST治療後は膝痛若干軽減し、安静時の疼痛も軽減・立位姿勢も改善傾向。
症状に日内変動はなく朝から疼痛持続。

主訴

歩くと膝が痛い

問題点

・内転筋群の過緊張
・荷重時に膝関節周囲筋の筋出力低下
・股関節後面筋の柔軟性低下

運動指導

膝関節のレントゲン画像では問題はないが、荷重時に膝周囲に疼痛が増悪する事から、腰からの影響より股関節・膝関節周囲に問題点があると考えました。
自主訓練として、椅子に座った状態で行える下肢への筋力訓練中心に行って頂きました。
筋力がつくのには時間を要するため、中々効果として実感しにくい部分で、継続する事が必要です。
今回の患者さんは小まめに運動を実施できていた為、痛みは残存しているが軽減しており、歩行能力に著明な改善を認めました。